保険の解約、またはプランを変更をするだけで、生活レベルを変えずに生活支出を削減できます。

生活支出を見直す

現金を調達しなくても、今の生活支出を削減できれば資金難を乗り越えられるケースがあります。
しかし、よほど裕福な生活をしていない限り、生活費の見直しだけで金欠を全て解決できない場合が多いです。

 

それでも、お金に困っているのであれば、月々1万円や数千円でもいいので生活支出を削減して切り詰める事はとても大切です。

 

 

生活支出を切り詰める方法

家賃

生活費で一番ウェイトが大きく削減余地があるのが家賃など住環境費用です。
しかし、今より安い家賃の賃貸住宅を探すのは簡単でも引越しを伴うため、それなりの出費が発生します。

 

引越しを自力で行ったとしても、新しく賃貸住宅を借りる場合は敷金、礼金、仲介手数料などが発生します。

 

数年単位の返済が必要な借金がある場合は効果的ですが、短期的な資金調達や金欠を乗り切るためには、引越しで家賃を安くする方法は現実的ではありません。

 

家賃のほかの生活費は次のものがあります。
  • 水道、ガス、電気などの光熱費
  • スマホ、固定電話、インターネットなどの通信費
  • 食費
  • 保険など

 

光熱費

節約を心がける事は大切ですが、よほど無駄が多くない限り、大きな改善は難しいです。
過剰な節約をしてエアコンを使わないなどして体調を崩すと結果的に出費が増えるので注意しましょう。
無駄使いはNGですが生活に必要な光熱費は必要経費と考えておきましょう。

 

通信費

スマホやインターネット回線のプラン見直しで削減できる場合もあります。
また、道楽のためにインターネットを自宅につないでいる場合は、最低限のネットはスマホでやると割り切ってネットを解約してしまう方法があります。

 

食費

外食を控えたりスーパーの特売や夜の在庫処理の割引販売する時間を狙うようにしましょう。
独身の方ほど食費を切り詰める事ができます。
1人あたり1日千円(月3万円)以上の食費がかかっている場合は食費について見直してみましょう。
小さいお子さんがいる家庭では、食費を削りすぎてはいけません。
ある程度は栄養バランスも考えた食生活を維持させるようにしましょう。

 

保険

生活費の中で気軽に削減できるのが保険です。
生命保険や医療保険をはじめ、解約するだけで生活レベルを変えずに生活支出を削減できます。
しかし、保険は万が一のためのもので解約は当然相応のリスクが発生します。
自分の状況や家族構成を踏まえた将来を見据えて、解約する保険と残す保険を整理するとよいでしょう。

 

 

お金に困っている人の多くは、ここまでで紹介している最低限の生活支出以外に問題点があることが多いです。趣味やギャンブルなどの浪費があれば、お金に余裕ができるまでは我慢しなければいけません。