カード決済さえ出来れば、利用者に対しての審査は不要でスピーディーに現金調達が出来ます。

クレジットカード現金化

あまり知られていない現金調達方法で「クレジットカード現金化サービス」があります。
クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。
キャッシング枠はATMから気軽に借入ができるメリットがありますが、一般的なクレジットカードではキャッシング枠が少ないデメリットがあります。

 

ショッピング枠は利用限度額が高いメリットがありますが、基本的には商品の購入や各種支払いのためののもので、現金に変えることはできません。
しかし、クレジットカード現金化業者を利用すれば、ショッピング枠を現金に変えることが可能です。

 

 

クレジットカード現金化の仕組み

カード会社の規約ではショッピング枠を現金にすることは禁止されています。
違反がバレるとカードの利用停止処分を科せられる場合があります。

 

現金化サービスはこうしたカード会社の規約の盲点をついていて、一度パソコンソフトのCD-ROMなど何かしらの商品を販売し、商品に対してのキャッシュバックや買取で利用者に現金振り込みをしています。

 

実績のある大手現金化業者であれば、カード会社とトラブルになることもなく、確実に現金化することができます。
カード決済の時に分割払いやリボ払いを選べば月々の負担も少なく、カードの条件によってはキャッシングよりも金利が安いメリットがあります。

 

ただし、現金化サービスは決済金額から業者の手数料を差し引かれるデメリットがあります。

 

 

クレジットカード現金化のメリット

通常の消費者金融や銀行のキャッシング・カードローンの利用は、無人契約機を利用するか郵送で契約書類のやり取りをする必要があります。
また、申し込み時には審査が必要で、収入がないと利用できず、職場への在籍確認などの手間も発生します。
最短30分のスピード審査などもありますが、在籍確認ができないと審査に数日かかってしまうこともあります。

 

クレジットカードは一度発行すれば、支払いや年会費を払っている限り、半永久的に継続して利用できます。
利用可能のカードを持っていれば、その時に収入がなかったり、キャッシングを利用できない返済遅延の履歴があっても利用できます。

 

クレジットカード

現金化業者はカード会社から決済金額を受け取れるので、カード決済さえできれば利用者に対しての審査は一切不要でスピーディーに現金調達できるメリットがあります。

 

現金化業者の多くは来店不要で電話やWEB申し込みで手軽に利用できます。コストはかかりますが、スポードや手軽さ、職場への在籍確認不要の利便性を重視して、キャッシング審査に問題が無い方からも需要が高い現金調達方法です。